ナンパ師がLINEでデートに誘う時に気を付けている3つのポイント


意中の相手をどのようにデートに誘えばいいのか・・・


この記事はこんな人にオススメ!!

やっと気になる人とラインを交換して連絡が取れた!次はデートに誘いたい。

でも、どうすればスマートにデートに誘えるんだろう。断られたら嫌だなあ。

気になる相手をデートに誘う際、デートを取り付ける成功率を上げるために押さえておきたいポイントがいくつかあります。

LINEでのやり取りは、ポイントを押さえるために重要な役割を担っています。

以下は私が初めて合コンに行ったときに連絡先を交換した”みゆちゃん”とのLINEのやり取りです。

-- 合コンが終わって帰宅  --

まどころ

「今日はありがとう!色々話せて楽しかった!」

みゆ
「こちらこそありがとう!またご飯とか行きたいですね!」

まどころ

「ご飯いこう!いつが空いてる?合わせるよ!」

みゆ
「スケジュール確認して空いてる日をまた連絡するね!」

まどころ

「分かった!連絡待ってるよ!」

-- 1週間後  --

まどころ

「連絡が来ない・・・・・・」

これを見て、みゆちゃんから好意を持たれてなかったから連絡が来なかっただけじゃないの?と思った方もいると思います。

確かにそうかもしれません。上記の様なLINEのやり取りでも、相手からの好意があれば連絡が来たのでしょう。

しかし、誰からも好かれるようなイケメンでコミュ力の高い人でもない限り、一回合コンで会っただけで相手から強い好意を得ることは難しいと思います。

ただ、相手から好意を持たれてない場合でも、デートの約束を取り付ける確率をUP出来る方法があります。

多くのナンパ師が意識している重要テクニックです。それを以下で紹介します。

ではいきましょう!

ポイント① 相手にデートをするメリットを提示する。

デートは「相手の時間を奪う行為」です。相手が自分のことを好きな場合、デートはファミレスでも公園でも何処でも良いと思います。

しかし、相手からの強い好意が無い段階では、自分とデートをするメリットを提示することが大切です。

メリットを提示することで約束を取り付けやすくなります。

その為、LINEでの一連の雑談を通して相手のニーズを自然に探ることが大切です。

相手のニーズの探り方の例としては、

「お酒は良く飲むの?」「洋食、和食どっちが好き?」「twitterで話題のお店の○○知ってる?」「友達にすごい勧められたんだけど、○○っていう映画見た?」

など色々あります。相手の興味あるもので、デートに結び付けられそうなものであれば何でもOKです。

仮に「最近はイタリアンにハマってるよ」と返事が来たら、美味しいイタリアンのお店を調べてデートに誘う事でメリットを提示出来ます。

あまり興味のない異性から「今度マック行こうよ!」と言われてもあまり乗り気になれませんよね?笑

それを考えると相手のニーズを満たすデートの必要性が理解できると思います。

ポイント② 相手の言葉をヒントにデートの場所や日程を絞り込んでいく。

何気ないLINEや電話の雑談から、デートに適した場所や日程はおおよそ予想できます。

相手がよく買い物に行く街、利用する駅などからデートに適した場所を選ぶ。

学校や仕事のある曜日、時間帯などから日程や時間帯を選ぶ。こうした事前準備をすることでスマートに相手を誘う事が出来ます。

上記の私とみゆちゃんのやり取りでは、「いつが空いてる?」と聞いていました。この質問に答えるためには、わざわざスケジュール帳を開いて、「何日と何日が空いている」と答えなければなりません。

コミュニケーションの中から相手のスケジュールを察知し、「何日と何日ならどっちが空いてる?」と提案することで手間を取らせることなくデートを取り付ける事が出来ます。

提示した日程と相手の都合が合わなかった場合は、一旦デートの話は流しておいて日を空けてから再度誘いましょう。

ナンパ師界隈では、「いつが空いてる?」と聞く人は少ないです。相手に、”いつでも良い=暇な人”と認識されてしまうからです。その為、「何日と何日のどちらかなら空ける事が出来るけどどう?」「来週の月から金曜のどこか一日なら空けられるけどどう?」の様に聞く人が多いです。

ポイント③ デートの日程は誘った日から近い日付に設定する。

デートの日程は、誘ったタイミングから近い日に取り付けることが鉄則です。

その理由は簡単で、”鉄は熱いうちに打て”とことわざにあるように、人の熱もまた冷めやすいからです。

日付は近ければ近い方が良いでしょう。ただし、相手のスケジュールも考慮すると、1週間後~遅くとも1ヵ月以内に設定するのが良いです。

1ヵ月以上先にデートの約束をしたとしても、熱は冷めてしまいます。

最悪の場合、忘れてた!と言われかねません。自分の場合、毎日連絡してたのにも関わらず、当日になって「今日デートなの忘れてた!予定入っちゃった!」と言われたことがあります。笑

そのようなケースにならないためにも、出来るだけ近い日にデートの予定を入れることが重要です。

終わりに

いかがだったでしょうか。昔の私はとにかく「いつが空いてる?」と聞いたり、デートの内容を蔑ろにしていました。

そのため、デートの予定がなかなか入らず「やっぱイケメンかお金持ちじゃないと無理なのか・・・」と思っていました。

しかし、上記のようなスマートな誘い方をすることで今ではかなりの確率で1回目のデートを取り付けることが出来ています。

今回紹介した内容で、皆さまの悩みが少しでも解決できれば幸いです。